忍者ブログ
ちょっとは人のためになる事をしないとインターネットコミュニティーの皆様に申し訳がないかと思いながら、自分の備忘録ていどでしかなく、実際の所たいした情報も提供できないでいるブログ
[104] [103] [102] [101] [100] [98] [97] [96] [94] [93] [92]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ipautil について。

iOS 開発では、"Archive"でアーカイブを作り、Share... で Adhoc 配布します。
Adhoc配布をするパッケージは、社内サーバーの所定の位置に配置して、
テスターがダウンロードしておのおのインストール、テストを行うのが
普通だと思います。

テスターの人にわかりすいよう、ファイルをアプリケーションごとのディレクトリに分けていれたり、ファイル名にリリース日付を入れたり、バージョン番号を入れたりしたいものです。

ところが、Xcode の Share... では app.ipa というファイル名がデフォルトになります。配布する人(私)は、わかりやすいファイル名を、間違えないよう注意しながら、手入力しなければなりません。

この入力は結構神経を使います。さらにまずいことに、この作業ステップは、コーディングを散々したあげく、テストがやっと通り、ああもうすぐにでもこいつをリリースしちゃって寝たい、という極限状況で訪れます。

一刻も早く寝たいのです。格納場所が間違っていてテスターにファイルがわたらなかったり、バージョン番号が間違っていて、どのファイルが最新?みたいな質問で起こされたくありません。

そこで、アプリケーション名やバージョン番号を ipa ファイルから抜き出すユーティリティを作りました。これを使えば、決まった形式で、決まった場所にコピーするシェルスクリプトを書くことができます。

こんな者を使うのはプロの方だけだろうとおもうので、ソース配布です。
BSDライセンスで ここに置きました。

Xcode 4.2 でビルドできます。libarchive が必要です。
libarchiveは、ふつうに configure / make したもので OK です。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/07 @naoshi65536]
[02/07 忍]
[09/18 とおりすがり]
[06/26 ilmare]
[03/16 とおりすがり]
最新TB
プロフィール
HN:
naoshi
性別:
男性
職業:
ソフトウェア技術者
趣味:
料理
自己紹介:
@naoshi65536 で連絡がつくはずです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
FX NEWS

-外国為替-