忍者ブログ
ちょっとは人のためになる事をしないとインターネットコミュニティーの皆様に申し訳がないかと思いながら、自分の備忘録ていどでしかなく、実際の所たいした情報も提供できないでいるブログ
[21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3069返送中。オモチャがなくなってしまった。しょうがないから開発環境の整備&基礎的なライブラリでも作っておくかと3048Fを引っ張り出してきた。

まずはLCD周りのチューニングを始めたのだが、タイミングチャート通りにやっても正常に動作しない。おもいっきりウェイトかければ動くのだが遅い。

BUSYフラグを見ていないのがいけないようだ。サンプルプログラムでは、BUSYフラグを見ていない分、追加のウェイトをかけている。

データシートのタイミングチャートは、BUSYフラグをみて、BUSYじゃないことを確認した上での流れだった。AKI-H8 3048FのI/Oボードのデフォルトでは、RW端子がプルダウンされていて制御できないからLCDモジュールからの読み出しが出来ない仕組み。暇だし、LCDの5PINをCN3の13番につないだ。これでP36がR/W信号になって制御できるぞ。

開発環境的には定番のgcc+cygwinをダウンロードしてインストール。crt0と隣家スクリプトを作って、当面使うポートだけ(手抜き)定義しといた。

CRT0はこれだけ(笑)

.h8300h
.section .text

.global _start
_start:
jsr @_main

sleep


リンカスクリプト(aki-h8-3048f.x)

OUTPUT_FORMAT("coff-h8300")
OUTPUT_ARCH(h8300h)
ENTRY("_start")

MEMORY {
ram(rwx) : o = 0x00ff100, l = 0x00ff2ff
}

INCLUDE "3048f.x"

SECTIONS {
.text : {
*(.text)
*(.strings)
*(.rodata)
_etext = .;
} > ram

_LCD_DDR = _P3DDR;
_LCD_DR = _P3DR;

_LED_DDR = _P5DDR;
_LED_DR = _P5DR;

}


リンカスクリプト(3048f.x)


_P1DDR = 0xfffc0;
_P2DDR = 0xfffc1;
_P1DR = 0xfffc2;
_P2DR = 0xfffc3;
_P3DDR = 0xfffc4;
_P4DDR = 0xfffc5;
_P3DR = 0xfffc6;
_P4DR = 0xfffc7;
_P5DDR = 0xfffc8;
_P6DDR = 0xfffc9;
_P5DR = 0xfffca;
_P6DR = 0xfffcb;

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/07 @naoshi65536]
[02/07 忍]
[09/18 とおりすがり]
[06/26 ilmare]
[03/16 とおりすがり]
最新TB
プロフィール
HN:
naoshi
性別:
男性
職業:
ソフトウェア技術者
趣味:
料理
自己紹介:
@naoshi65536 で連絡がつくはずです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
FX NEWS

-外国為替-